能楽師|久田勘鷗|HIDASA KANOH

PROFILE

顔写真

久田 勘鷗 Kanou Hisada

重要無形文化財(総合指定)保持者
一般財団法人 能 姫町財団 理事長
一般社団法人 日本能楽会 会員
公益社団法人 能楽協会 名古屋支部 副支部長
名古屋観世会 代表
久田観正会 主宰


<経歴>

1947年 シテ方観世流能楽師・久田秀雄(重要無形文化財総合指定保持者)の次男と
して生まれる。4歳にて初舞台。子役として数多くの舞台に出演。父・久田
秀雄、上田照也師、及び浦田保利師に師事。
1974年 独立の後、中部・関西を中心に舞台活動をする傍ら「久田観正会」を主宰し、後進の指導をする。
1983年 能「井筒」の演技に対し、大阪文化際賞奨励賞受賞。
1983年 神戸ブルーメール賞受賞。
1990年 名古屋市芸術奨励賞受賞
1991年 国の重要無形文化財(総合指定)に認定される。
2001年 太閤能「此花(このはな)」の復曲を手掛け文化庁に納める。
2008年 能「道成寺」(赤頭)の演技に対し、名古屋演劇ペンクラブ賞受賞。

顔写真

久田 三津子 Mitsuko Hisada

シテ方観世流能楽師 準職分
名古屋市在住
一般財団法人 能 姫町財団 評議員
公益社団法人 能楽協会 名古屋支部常議員
名古屋観世会会員

幼少より東京在住の故・橋岡慈観師に師事。現在観世芳伸師に師事。
中部地区中心に活動し、名古屋名駅薪能(http://www.takiginoh.jp)
東急ホテルディナーショー等々毎年出演する。
名古屋三交会・東京三交会を主宰。



顔写真

久田 勘吉郎 Mitsuko Hisada

1994年11月28日生まれ。
東京藝術大学卒業。東京在住。

3歳にて「鞍馬天狗」の稚児にて初舞台。
8歳初シテ「岩船」、9歳「翁」千歳、10歳「石橋」赤獅子、子方卒業曲とも言われる
「烏帽子折」、11歳「鷺」、15歳初面「花月」、19歳「乱」等を披く。
愛知万博にも出演。大垣墨俣一夜城薪能・名古屋名駅薪能・
東急ホテルディナーショウ等々毎年出演する。
今後名古屋で最も将来を期待されている若手実力能楽師で、
両親の跡を継ぐべく幼少の頃より舞台を勤め、
新聞・TV・ラジオにも取り上げられ活躍中。

父 久田 勘鷗 観世流シテ方能楽師
母 久田三津子 観世流シテ方能楽師

久田 勘吉郎 facebookページはこちら
久田 勘吉郎 ファンクラブ申込みはこちら

久田勘吉郎 ファンクラブ通信